旦那さんと不仲になってしまった人妻さんと

地元ではない大学に行く事になり、京都で一人暮らしをした事があります。最初は色々なお寺を観たりできて楽しそうだなと思ったのですが、しばらくすると人恋しくなってしまいました。ひとりでお寺を見ても楽しくありませんでした。学部の関係もあって大学には女の子が少なく、彼女でも作ろうと思っていた僕はがっかりしていました。そこで、思いきって出会い系サイトに登録して、女性をさがす事にしました。年上の人が好きなので、そういう人と知り合えたら良いなと思っていました。

そこは比較的有名な出会い系サイトだったのですが、マッチングは良くしました。しかし途中で連絡が途絶えたりしてなかなか出会えるところまで行けず、ようやく会うことが出来る所まで行った人が、大阪に住んでいるという人妻の人でした。僕は、年上の人がいいと思っていたので、ちょうどいいと思っていました。土日や夜は駄目という事なので、平日の昼間に会う事にしました。

30歳という事でしたが、会って見るともっと若そうに見えました。そして、すごく優しそうな人だなあと思いました。子どもはいないらしく、旦那さんも深夜にならないと帰ってこないし、会話もぜんぜんないと愚痴をこぼしていました。なんでこんなきれいな人を放っておくのだろうと思いました。若い子とデートしてみたくて出会い系に登録してみたという事でした。京都駅の近くの喫茶店で話していたのですが、せっかくだからデートしてみないと言われ、僕がまだ行った事のなかったお寺を一緒に回ってみました。年上の人妻さんなのですが、なんだかすごく楽しそうにしてくれて、僕もうれしかったです。けっこうボディタッチをしてくる人で、最後は腕まで組んでくれたので、まるで本当の恋人のような気分になってしまいました。どこかに罪悪感があったのですが、この人の魅力に勝てませんでした。

2度目に会った時に、ホテルに行きました。その人は、エッチをするのは1年ぶりぐらいと言っていました。「やっぱり若いから肌がきれいだね」と言われ、少し恥ずかしい気持ちになりました。こんなきれいな人とエッチな事をできるのかと思うと、なんだか夢のような気持ちでした。

僕も体験がなかったわけではないのですが、人妻さんはエッチなムードがすごかったです。キスをするだけでも舌を絡めてくるし、僕のものをさわる時もじらすように触ってくるので、僕の方が我慢できなくなってしまいました。入れた後も腰をいやらしく動かされ、僕はすぐにイきそうになってしまいました。それでも正常位では自分のペースで動かせたのでなんとか我慢できたのですが、騎乗位をされた時には、あっという間に絶頂に達してしまいました。2回目からは、せっかくだから色んなエッチしてみようと言われ、僕は軽く縛られ、お尻の穴に指を入れられ、僕が感じている顔や射精する瞬間のペニスを写真に撮られたりしてしまいました。それ以降、たびたびその人妻さんは僕のアパートに遊びに来るようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です