サイトで出会った人妻は近所の谷原さんの奥さんだった

俺は38歳、妻のゆかりと一人娘の8歳のみゆとの3人暮らしです。

年々妻のゆかりとは夫婦生活がなくなっていき、たまりかねた俺は出会い系て相手を探しました。

そこで1人の人妻さんと出会い、会ってみることにしました。

近所の大型ショッピングモールの駐車場で待ち合わせすることになったので待っているとご近所で親しくさせてもらっている谷原さんの奥さんが居ました。

谷原さんの奥さんはウチの妻のゆかりと仲良しですから、マズイなあ、人妻と待ち合わせしてるところを見られたら。谷原さんの奥さんが立ち去るまで気付かれないようにしよう。

と思い俺は隠れるようにして、谷原さんの奥さんが立ち去ってくれるのを待ちました。

すると俺の車の方に谷原さんの奥さんが近付いてきたかと思えば、俺の車をノックします。

マズイ、気付かれた。よし、ここは男友達と待ち合わせということにして、さっさと立ち去ってもらおう。

そう決意してドアを開けました。
ドアを開けると

奥さん「みゆちゃんパパ(ご近所さんは俺をみんなこう呼ぶ)、待ち合わせですか?」

俺「ええ、そうなんですよ〜」

奥さん「あの〜、言いにくいんですけど、△△ってサイトで知り会った方と待ち合わせですか?」

えっ?まさか?

俺「まさか△△ってサイトの○○さんって谷原さんの奥さんだったんですか?」

奥さん「はい、まさかみゆちゃんパパが相手だったとはね」

とお互いに驚きましたが、こんなところで長時間過ごすと、近所の誰が見ているかわからないので谷原さんの奥さんには車に乗ってもらって、とりあえず車を走らせることにしました。

谷原さんの奥さんは俺よりも少し上の40歳だったはずですか、20代後半でも通るくらいの美人の奥さんです。

ウチの娘のみゆと同い年の女の子と、弟が1人の二児のママにはとても見えません。

密かに以前から、こんな綺麗な奥さんとヤッてみたい。と考えていましたが、見果てぬ夢だろうと思っていました。

谷原さんの奥さんは、俺の好きな人妻系AV女優の谷原のぞみさんに似ています。

ですから俺は谷原のぞみのAVで奥さんを思い浮かべ、何度抜いたことか。

実は俺は谷原さんのご主人とも仲が良いのです。

以前近所の子供会のイベントの役員を俺と谷原さんのご主人か任せられ、そこから同じ車か趣味だということから意気投合し、何度か飲みに行ったこともある仲です。

そんなご主人と以前こんな会話をしたことを思い出しました。

俺「谷原さんとこの奥さんって綺麗で羨ましいですよ?」

ご主人「いやいや、最近はアッチの方がご無沙汰でねえ」

俺「あんな綺麗な奥さんなら、俺なら毎晩ですけどね?」

ご主人「アイツ実はマグロでつまらないんだよね?だから最近は風俗て発散してるよ?」

俺「そんなもったいないこと言ってると奥さん浮気しちゃうんじゃないですか?」

ご主人「ハッハッハー、ないない、アイツに限ってそれはないよ」

と、えらく余裕なんだな。と思っていましたが、現実は奥さんは出会い系で相手をさがしていたのです。

そんなご主人との会話を思い出しながら、俺は谷原さんの奥さんに聞いてみました。

俺「なんてまた谷原さんの奥さんは、出会い系やろうと思ったの?」

奥さん「実は主人が浮気してたの。それが悔しくて悔しくて、仕返ししてやろうと思ったの」

というと奥さんはシクシクと泣きはじめました。

俺は「よしよし、辛かったね?」と言いながら奥さんの頭を撫でて上げながら、落ち着くのを待ちました。

ひとしきり泣いた奥さんは俺に向かって

「でも相手がみゆちゃんパパで良かった!最初相手がヘンな人だったら走って逃げようと思ってたんだよ?」

と言いながら私の手を握って

「旦那と違ってみゆちゃんパパは優しいね?ゆかりさんが羨ましいわ?ねぇ、良かったら抱いてくれませんか?それとも私みたいなオバサンは嫌かしら?」

嫌だなんて滅相もございません。

俺「俺も前から谷原さんの奥さん、素敵だなって思ってたよ?俺も奥さんが抱きたいよ?」

奥さん「ホントに?嬉しいわ!ねぇ、その谷原の奥さんって呼び方は二人のときはやめてくれない?のぞみって呼んで欲しいの」

俺「わかったよ?のぞみ、じゃあ二人切りになれるところに行こうか?」

奥さん「うん、お願い」

ということで、近所の目もあることから、少し離れた場所にあるラブホに向かいます。

ラブホに向かう途中、俺は以前妻のゆかりと、のぞみについて話した会話を思い出していました。

以前、妻とのぞみは二人で近くのスーパー銭湯に行ったことがあったのです。

妻「ねえ、今日谷原さんの奥さんと二人で、あそこに出来たスーパー銭湯に行ってきたのよ?」

俺「へぇ、そうなの?」

妻「ねぇ聞いてよ?谷原さんの奥さんたらね?あんなに美人なのにスタイルがメッチャ良いのよ?」

俺「そうなんだ~」

妻「肌が白くて腰はクビレてるわ、おっぱいも大きいのに垂れてなくて、子供を二人も産んでるのに乳首も小さいし、色も綺麗なピンクだったし。羨ましいったらありゃしないわ。ホントに」

それを聞いて俺は興味がない振りをしていましたが、妻が寝静まるのを確認して、奥さんの裸を想像しつつ、谷原のぞみのAVで何度もシコったのは言うまでもありません。

そんなことがあって、これから本物ののぞみとラブホに向かっている。このシチュエーションだけでも既に股間は固くなりました。

ラブホに到着し、部屋に入るとのぞみは俺に抱きついてきました。

そのままお互いに顔を見つめ合い、どちらからともなく、キスします。

最初はソフトなキスから、だんだんディープなキスへと変わっていき、脱がしにかかろうか?と思ったタイミングで
のぞみ「ねえ、先にシャワーがしたいわ?」
と言うのでお互いシャワーを浴びます。

シャワーが終わり、バスローブ姿ののぞみとベッドで再びキスの嵐です。

そして妻のゆかりから聞いた、のぞみの美乳を拝んでやろうと、バスローブを脱がしました。

本当に息を飲む美しいおっぱいです。本家の谷原のぞみも綺麗なおっぱいですが、こちらののぞみはそれよりも綺麗な、まるで芸術作品のような、色、形、大きさ、どれを取ってもパーフェクトなおっぱいで、俺は見とれてしまっていました。

「恥ずかしいわ、そんなに見ないで?」

というのぞみの声にハッとし、のぞみの綺麗なおっぱいのピンクの先っぽにしゃぶりついてみました。

のぞみ「ひゃいんっ!ダメっ、乳首敏感なの」

という声を聞きながらも、俺は興奮か止まらず、このままのぞみのおっぱいに溺れ死んでもいい。とすら思いました。

ずっと吸っていたい、のぞみのおっぱい。時間が経つのを忘れて、我を忘れてずっと吸っていました。

すると突然のぞみの声がします。
「ねえ、お腹が冷たいよお?」
という声にハッとし、のぞみのお腹を見ると俺のカウパーで小さな池がのにのお腹に出来ていました。

のぞみ「もお、おっぱい好きなんだねえ?」

俺「ごめんごめん、あまりに素晴らしいおっぱいで夢中になってしまって」

のぞみ「でも嬉しい、そんなに夢中になってくれて。旦那なんて全く興味を示さないのに」

と言うのぞみを、おっぱいだけてなく下も攻めてやらないとと、股間に手を伸ばすと、のぞみも大洪水でした。

俺「のぞみも人のこと言えないじゃん」

のぞみ「アンっ、誰のせいよ?ウンっ!あんなにおっぱい吸われたら仕方ないじゃん、いやんっ!」

と俺の手マンに反応しながら答えてくれました。

手マンからクンニへと、のぞみを攻めたててやると、のぞみはイッてしまいました。

そしてのぞみは「入れて?」とお願いしてきました。

ゴムを着け、のぞみの中に入りました。セックスレスだというのぞみの中は少々キツめでしたが、それが逆に俺のアソコをギュンギュン締め付け、ヤバかったです。

しかしのぞみとしている最中は、旦那さんとの会話を思い出したり、旦那さんの顔が浮かんできたりと、背徳感がヤバかったです。

正常位、後背位とヤッたあとに騎乗位をしたのですが、のぞみは自ら腰をいやらしく動かしてきます。かつて旦那さんがマクロだと言っていたのに。

憧れののぞみとヤッている興奮や、よく知る旦那さんへの背徳感から、当然長持ちはしません。

正常位にもどり、のぞみに伝えました。

俺「もう限界、イキそうだよ?」

のぞみ「いいよ?その代わりいっぱいキスしながらイッて欲しいの?」

なんて可愛いことを言います。これでもか?というくらいの濃厚なキスをしながら、俺は限界を迎えました。

ドクッ、ドクッ、ドクッ!今までの人生でも記憶にないほどの量が出て、射精が終わらない感覚を初めて味わいました。

のぞみの中から抜いてゴムを外すと見た個とのない量のザーメンがゴムの先っぽにたまっていました。

それを見ると

のぞみ「何この量?凄いわ?いつもこんなに出るの?」

俺「いやいや、俺もこんなに出たのは始めて。凄い興奮したから」

のぞみ「そうなんだ?そんなに興奮したの?何だか嬉しいなあ」

俺「ああ、物凄く興奮したよ?て言うかコレ、ゴムしてなかったらヤバかったね?確実に妊娠させてた」

のぞみ「(ボソッと)俺さんになら妊娠させられてもいいけどな~」

なんてのぞみはボソッと恐ろしいことを言いました。

そんな会話をしているとムクムクと俺のアソコが起きあがってきたのをのぞみか見付けて

のぞみ「ねえ、まだ出来るでしょ?」

俺「うん、のぞみか相手なら何度でも」

のぞみ「もうゴムしなくてイイからね?」

というので次は生でのぞみの中へ。そして2度目の絶頂か近付いたとき

「そのまま俺さんのをたくさん私の中に出して?」

と、のぞみが言うので、遠慮なくのぞみの中に出してやりました。

結局、その日はトータル4回戦となり、最初の1発目以外は全て、のぞみの希望もあって中出しフィニッシュとなりました。

その後、のぞみと俺は妻と旦那さんの目を盗んで、逢瀬を重ねています。

のぞみはゴムを着けることを嫌がり、先月からピルを飲み始めました。

のぞみは最近「俺さんの赤ちゃんが欲しいの」と言ってきます。

さすがに俺もそれはマズイんじゃ?と言っていますが、のぞみは

「その覚悟か出来たら、いつでも言ってね?すぐにピル飲むの止めるからねっ?」

と言ってくるのぞみが少し怖いな。と思いつつも、のぞみから離れられそうにありません。

コンドームを着けることを許してくれないエロ熟女

妻と小学生の子供が1人居る40代前半の会社員です。

先日地方に出張に行く機会があり、せっかくなら現地の女性と遊んでみようかと思って、サイトを利用して女性を探しました。

出会った女性はアイコさん、私より少しお姉さんの45歳の人妻さんで、旦那さんが単身赴任中で寂しいので、遊んで欲しいとのことでした。

待ち合わせに指定された、近くの駅前で待っているとアイコさんがやって来ました。

アイコさんは美人でもないが、ブスでもない、本当にどこにでも居るような普通の奥さんでした。

私は地元ではないこともあって、どこに行けばいいかもわからないので
「アイコさん、これからどこに行きますか?」
と聞くと
「この辺りは居酒屋も閉まるのか早いから、アナタの泊まっているホテルで部屋飲みしない?」
と言われ、コンビニで酒とアテを買い込み、私が泊まるビジネスホテルに向かいました。

部屋に着いて2人でお酒を飲み始め、お互いの色んな話をして盛り上がりました。

聞けばアイコさんは結構して今年で15年で、子宝には恵まれなかったとのこと。ご主人とはお見合い結婚で、そもそも好きで結婚したわけではないので、だんだん性生活もなくなり、今ではもう5年もしていないとのことです。

私は私で、妻とは2年近くしていなかったので正直に言うと、お互いセックスレスだということでアイコさんも
「〇〇さんところも?ウチだけが特別なわけじゃなかったんだね〜」
と安心してくれた様子でした。

するとアイコさんは
「汗かいちやつたわ?シャワー借りてもいいかしら?」
と言うので、私は使ってもらうことにしました。

しばらく待っていると、シャワーを浴びたアイコさんが出て来たのですが、着替えなど用意しているはずもありません。

アイコさんは裸にバスタオル一枚巻いた姿で出てきました。

するとアイコさんは意外と胸が大きいことが分かり、私の視線はその胸の谷間に釘付けになってしまいました。

「〇〇さんも浴びてきたら?気持ちいいわよ?」

とアイコさんに即されて私もシャワーを浴びることに。

シャワーを終えて私も下半身にタオルを一枚巻いて裸で出ていくとアイコさんはベットに横たわっていました。

上半身裸で下半身がタオル一枚の私の姿を見てアイコさんは
「〇〇さんって案外たくましい身体してるのね?こっちにいらつしゃいよ?」
とベットの方に私を呼びます。

ベットでアイコさんの隣に私は寝転ぶと
「ホントたくましいわね?でもコチラの方はたくましいのかしら?」
と私の下半身を指し、腰に巻いていたタオルを取り
「あら?コチラもたくましいわ?いただいちゃおうかしら」
と言いながら、パクっと私の息子を咥えてきました。

アイコさんのフェラテクはかなりのもので、すぐにイキそうになりました。
「アイコさん、ヤバい、出そうです」
というと
「ダーメッ!我慢しなさい。イクのは私の中でよ?」

ということで攻守交代し、アイコさんのバスタオルを奪い取り、その意外と大きな胸から下半身へと、私も全力で愛撫しました。

一通り愛撫し、そろそろというタイミングで、私は密かに旅行カバンに忍ばせておいたコンドームを取ろうと、ベットを降りました。

それを見たアイコが
「何してるの?」
と言うので、私は
「実はカバンの中にコンドームが入っているんで取ってくるね?」
と答えました。

「コンドームなんていらないから、そのままで早く入れてよ〜?」
とアイコさんが言いますが、相手は人妻である以上、さすがにそれはマズイだろうと思い
「いやあ、そうは言ってもアイコさんは人妻ですし」
と私がモゴモゴしていると、私の股間に生暖かい感触が拡がりました。

「もうっ、私が良いって言ってるんだからコンドームなんていらないのっ!」

と言いながら私の上に乗っかり、騎乗位でアイコさんが強引に挿入してきました。

アイコさんは腰をいやらしく振りながら、艶っぽい声を部屋中に響き渡らせます。

アイコさんの中はウネウネしていて、妻のアソコの中とは全く違う感触でした。

アイコさんの中のあまりの気持ち良さに、流されるがまま生のままで様々な体位に変えながらセックスを続けました。

そんなことをしていると、次第に私の息子も限界を迎えます。

まぁ外に出せばいいかな?と考えているとアイコさんが
「大丈夫よ?私、3年前に子宮の病気になって、体質的にできないのよ?だから安心して中に出してね?」

と言うので、それなら遠慮なくということで思い切り中に出してやりました。

アイコさんはしばらく痙攣していました。どうやら昇天してくれたようです。

少し経って、落ち着きを取り戻したアイコさんが
「〇〇さん凄いわ?ハマっちゃいそう!これからも時々お相手してくれるかしら?」とアイコさんに言われて、私も喜んで今後もお相手させてもらう旨を了承しました。

それ以来、私は月に1回から2回のペースで、アイコさんの居る地方に出張を無理矢理入れて出向いています。もちろんアイコさんとは毎回身体を重ねます。

目的は仕事ではなくアイコさんなのですが、実は最近、会社からしょっちゅう地方出張に行っていることが評価されてしまい、私に出世の話が出始めてしまいました。

出世はありがたいですが、昇進するとアイコさんの居る地方への出張は確実に無くなってしまうので、どう理由を付けて断ろうかと悩み中です。

旦那さんと不仲になってしまった人妻さんと

地元ではない大学に行く事になり、京都で一人暮らしをした事があります。最初は色々なお寺を観たりできて楽しそうだなと思ったのですが、しばらくすると人恋しくなってしまいました。ひとりでお寺を見ても楽しくありませんでした。学部の関係もあって大学には女の子が少なく、彼女でも作ろうと思っていた僕はがっかりしていました。そこで、思いきって出会い系サイトに登録して、女性をさがす事にしました。年上の人が好きなので、そういう人と知り合えたら良いなと思っていました。

そこは比較的有名な出会い系サイトだったのですが、マッチングは良くしました。しかし途中で連絡が途絶えたりしてなかなか出会えるところまで行けず、ようやく会うことが出来る所まで行った人が、大阪に住んでいるという人妻の人でした。僕は、年上の人がいいと思っていたので、ちょうどいいと思っていました。土日や夜は駄目という事なので、平日の昼間に会う事にしました。

30歳という事でしたが、会って見るともっと若そうに見えました。そして、すごく優しそうな人だなあと思いました。子どもはいないらしく、旦那さんも深夜にならないと帰ってこないし、会話もぜんぜんないと愚痴をこぼしていました。なんでこんなきれいな人を放っておくのだろうと思いました。若い子とデートしてみたくて出会い系に登録してみたという事でした。京都駅の近くの喫茶店で話していたのですが、せっかくだからデートしてみないと言われ、僕がまだ行った事のなかったお寺を一緒に回ってみました。年上の人妻さんなのですが、なんだかすごく楽しそうにしてくれて、僕もうれしかったです。けっこうボディタッチをしてくる人で、最後は腕まで組んでくれたので、まるで本当の恋人のような気分になってしまいました。どこかに罪悪感があったのですが、この人の魅力に勝てませんでした。

2度目に会った時に、ホテルに行きました。その人は、エッチをするのは1年ぶりぐらいと言っていました。「やっぱり若いから肌がきれいだね」と言われ、少し恥ずかしい気持ちになりました。こんなきれいな人とエッチな事をできるのかと思うと、なんだか夢のような気持ちでした。

僕も体験がなかったわけではないのですが、人妻さんはエッチなムードがすごかったです。キスをするだけでも舌を絡めてくるし、僕のものをさわる時もじらすように触ってくるので、僕の方が我慢できなくなってしまいました。入れた後も腰をいやらしく動かされ、僕はすぐにイきそうになってしまいました。それでも正常位では自分のペースで動かせたのでなんとか我慢できたのですが、騎乗位をされた時には、あっという間に絶頂に達してしまいました。2回目からは、せっかくだから色んなエッチしてみようと言われ、僕は軽く縛られ、お尻の穴に指を入れられ、僕が感じている顔や射精する瞬間のペニスを写真に撮られたりしてしまいました。それ以降、たびたびその人妻さんは僕のアパートに遊びに来るようになりました。

尻活熟女のヒップは最高でした

「熟女のスペックとは」
熟女マニアの私、出会い系サイトを中心にエッチな出会いを求め日々活動しています。つい最近、理想的な熟女に出会えたので報告したいと思います。お相手は咲江さん45歳、まさに熟女としての適齢期と言える女性です。バツイチで現在はレジのパートをして生計を立てている模様、実家暮らしだから何とかいけているようです。身長は160センチくらい、スタイルはジムに通っているらしくかなり良好、特に目を見張るのがヒップのボリューム、洋服の上からでもわかるくらいのブリンブリンなヒップになります。今話題のお尻を専門に鍛え上げるジムなのだそうです。

「出会いまでは至ってスムーズ」
私がお尻フェチであることを知った咲江さんの反応は上々、日々作り上げている自慢のヒップを誰かに披露したい願望があるようです。「じゃあ今度お尻をみせてよ」なんて感じで伝えると「ぜひぜひ、見て見て見せた~い」とノリノリで約束を取り付けました。私も咲江さんも時間には都合がつきやすく、出会ったのは次の日の夕方です。パート帰りの咲江さん、職場の規則らしく黒のスキニーで登場、「おお~」と思うくらいヒップのラインが強調されています。パンティのラインが出やすいらしく常時Tバックのようで、居酒屋よりもラブホテルにという衝動を必死で抑えました。この咲江さん、パートではレジのほか品出し作業も兼業しているらしくその最中に、男性客の視線をビシビシヒップに感じるという悩みを打ち明けてきます。中にはペロンと撫でていく方もおられるようです。ただこの悩み、不快感というよりも自分自身が性的興奮を感じてしまっているという思いに対して、ちょっと良さそうな男性客の場合はこっちから逆ナンパしてしまいそうな感情が芽生えてくると言われていました。

「彼女の思いを成就すべく」
そして咲江さんの願望をかなえるべく、当たり前のようにラブホテルに向かいます。ホテルの部屋でみる咲江さんのヒップはエロそのもの、これは男性客も堪らないだろうなと思います。シャワーを浴びる前にすぐさま痴漢チックにヒップにアプローチ、待ってましたかの如く「やんっ アンッ」てな具合に理性でダメと言いながら本能で求めるという絶妙の感じ方を披露してくれます。お尻のクネリ具合も尻活しているだけあってかなりのもの、私恥ずかしながら弾力のあるお尻の感触とクネリ具合に思わず発射してしまいました。その後もヒップ三昧、こんなに興奮させてもらった熟女は初めてです。

14個上の人妻と出会い系サイトで出会った魅力的なエピソード

私が大学生の時に14個上の人妻と定期的な関係を作る事が出来ました。出会いのきっかけは出会い系サイトで知り合った事でした。

人妻や年上の女性が好きと言う事もありましたが、セフレと言う魅力的な関係に興味があった事が出会い系サイトを始めたきっかけです。出会い系には特に抵抗なく始める事が出来ましたが、友人なども出会い系サイトをやっていた事から話などを聞いていた事が理由とも言えます。出会い系サイトは多く種類がありましたが、一番大手の出会い系サイトを登録して始めました。

年齢確認を終えてプロフィールの編集なども考えて気になる女性にアプローチを行いました。ファーストメッセージでは、軽い自己紹介から始めてみました。返信率は割と良く年上の女性に狙いを定めている事からか2ヶ月で3人の年上の女性と仲良くなることが出来ました。年齢が10個以上離れている事もあったので、断られる事もありましたが、何気ない話が出来るほどの関係を作る事が出来ました。その中で話が出来るようになった人妻と直接会う事になりました。食事をするという約束をして、住んでいる場所も近く出会った事からスムーズに話が進み会えることになりました。

実際にメッセージでやりとりをしていた人妻に会った感想は、とても小柄で可愛い雰囲気でした。出会い系サイトをやっている事が不思議なくらいの容姿でしたが、予想を遥かに超えてきた人妻のポテンシャルの高さに惹かれていました。何気ない話もしていたくらいだったので、相手の人妻も最初は緊張している様でしたが、徐々にお互い慣れて楽しくお酒を飲みながら食事をしました。2時間ほど飲んで良い感じになったのですが、時間がまだ早かった事もあり散歩をする事にして、二人で歩きました。飲んでいる時も散歩している時も多くの話をしましたが、公園のベンチに座った時に不意に唇を奪われました。

人妻の積極性にびっくりしましたが、そのまま私自身も理性が飛んでしまい、ホテルに行くことになりました。ホテルでは、人妻に半ば襲われる形で行為に及びました。人妻と濃厚なプレイを堪能する事が出来て、魅力的な体験をすることが出来ました。出会い系サイトはすぐに人妻との出会いがに繋がったので、とても満足する事が出来ました。

14個上の人妻との出会いから定期的な関係を築くことが出来ました。

魅力的な大人の女性であり人妻は自分にとって大きな経験として感じる事が出来て、まだ関係は続いています。

とりあえずまぁ年上の人妻や熟女に会いたいならここを参考にしてみては?

人妻や熟女ならここにある出会い系サイトアプリを参考にしてみて!

どうでしょうか?

普通に遊ぼうと思っていたのに

35歳の独身男性です。先日人妻さんと出会えると評判のアプリで遊んでいたときの出来事です。

アプリ内で40歳の主婦の方とやり取りしていました。

最初は当たり障りのない話から始まりましたが、段々とエロい方向の話になっていきます。

そうするとお相手の女性が驚くようなことを言い始めました。

この女性は、ご主人に言われてアプリをしていたとのことで、目的は妻を抱いてくれる男性を探していた。とのこと。

要は寝取られフェチの旦那と奥さんだったのです。

そしてご主人と奥さんと私の三人で一度会ってみませんか?とのお誘いを貰いました。

正直気が引けましたが、興味本位で会ってみることにしたのです。

待ち合わせ当日、指定された場所で待っていると、40代くらいの男性と、サラッとした美人の女性とのご夫婦が先に待っていました。

声を掛けるとその夫婦が、約束したご夫婦だったのです。

簡単な挨拶を済ませ、とりあえず食事に。という話になり、すぐ近くの居酒屋へ3人で向かいます。

居酒屋でご夫婦とお話しした中で、ご主人は寝取られフェチであること、こうして奥さんを何人かに抱かせていること、など話してくれました。

1時間ほど経ったとき、奥さんはお手洗いへ。その瞬間、ご主人が私に「ウチの妻はどう思いますか?」と聞いてきたので、私は「魅力的な女性です」と答えました。

するとご主人は「私はこのまま帰りますので、この後妻を抱いてくれませんか」と。私は何度も「本当に良いのですか?」と聞いても、「構わないです。妻もあなたを気に入ったようなので」と言います。

「では宜しくお願いします」と、私の答えも聞かずご主人は慌ただしくお店を一人で後にされました。

暫く待つと奥さんが席に戻って来て、事の成り行きを説明すると、奥さんはあっけらかんと「じゃあホテルへ行きましょう」と。

もう覚悟を決めた私は、奥さんとホテルへ。

部屋に入ると、奥さんが私に襲いかかってきます。

濃厚なキスの攻撃を受け、いつの間にかズボンとパンツを下され、息子を咥えられていました。

奥さんの舌技は強烈で、すぐに果ててしまいそうになります。

ヤバイと思い、攻守交代。奥さんの服とブラを剥ぎ取り、小振りながらも綺麗な乳房を貪りつきます。

そして下も脱がせて、奥さんの蜜壺も同時に指で刺激すると、奥さんの声が部屋に響き渡ります。

「もう入れて」と奥さんが言います。部屋に備え付けのゴムに手を伸ばそうとすると、「いらないから」と。

お言葉に甘えて、奥さんの中に入り込んで行きました。

奥さんの中は暖かく、適度な締めつけもあり、入れた瞬間に果てそうになるのを堪えるのに必死でした。

そこから奥さんの中を堪能し、体位をあれこれ変えつつ、騎乗位になったときのことです。

奥さんは入れたまま、携帯電話を取り出し、どこかに電話を掛けます。

「エッ?何してるの?」と声を掛けた瞬間、奥さんが「アッ、あなたー、アッ、今〇〇さん(私のことです)に入れて貰ってるの。アンッ、今騎乗位よ、アーッ、ゴム着けてないからね?アッ、このまま中に出してもらうからねっ?」

と喘ぎながらご主人に電話しているではありませんか。

そして奥さんは「〇〇さん、このまま電話は切らないわ。正常位で私の中にいっぱい出してね?」と私に、またご主人に聞こえるような大きな声で言いました。

私も「もうどうにでもなれ」と奥さんに腰を打ち付けます。

奥さんは「アッ、アン、〇〇さん、中に、中に出して。アン、アーッ、あなた、〇〇さんにいっぱい中に出してもらうよ?」と言いながら、私も奥さんの中に果ててしまいました。

終わった後、ご主人と奥さんは何やら電話で話しています。そして奥さんは私に電話を手渡し、出てみるとご主人が「〇〇さん、ありがとう。どうやら妻はあなたを気に入ったようです。良かったら今日はそのまま泊まって、朝まで思う存分妻を可愛がってあげて欲しい」と言い、電話を切りました。

そして朝まで、何度も奥さんの中に果てました。

翌日ご主人から連絡があり「また今度もお願い出来ますか?」と言われ、「もちろん、喜んでお相手させてもらいますよ」と答えました。

今度またお会いする予定ですが、まさか人妻系の出会いアプリで、このような体験が出来るとは思いませんでした。

テレクラアプリで40歳人妻と遊べました!

手持ちのスマートフォンにアプリをダウンロードだけで利用することができる、現代版のテレクラを利用して、40歳の人妻の女性と出会ったその日に大人の遊びをすることができました。
テレクラと聞くと、とても時代遅れな気がしますが、結構これが便利なのです。
もちろん、昔のテレクラのように、お店に行ってそこで女の子に電話をかけて会う・・・などという手間はいりません。
なぜなら、現代人はみんな、スマートフォンと言う名の電話を手元に持っているのですから。

テレクラサービスを提供するアプリをダウンロードしたら、あとは利用料を払えばそれで利用できます。
私が利用したところは、女性に電話をすると1分120円というシステムでした。

通話料は発生せず、純粋にこの120円だけがかかるというシステムで分かりやすく、気軽に利用できました。
さらにテレクラアプリの中でも、SM専門テレクラや、女子大生専門テレクラといった、好みに合わせて選ぶことができるジャンルがたくさんあります。
私はちょっと大人の女性と遊びたくなったので、人妻・熟女専門のテレクラアプリを利用しました。

私と同じ大阪市在住の人を探してみると、思ったより選べる女性が多いことにびっくりしました。
その中で、「40歳人妻、普段子供の世話とママ友との付き合いでストレスが溜まっていて、さらに旦那も出張がちで全然相手をしてくれない」という、いかにもストレスが溜まっていてすぐに遊んでくれそうな女性がいたので、すぐに電話をかけてみました。
思わず興奮してしまったのが、電話から聞こえる声が思いがけずセクシーだったこと。

電話でのやりとりなので、相手の声を事前に確認できたのはとても便利でいいなと思いました。
こんなセクシーな声の人ともしあんなことができたら・・・。

それを考えるだけで、なんだかテレフォンセックスでもしているみたいですごく興奮してしまいました。
幸い子供さんが学校行事で次の日まで帰ってこないらしく、旦那さんは夜にいなくてもさほど不審がらない、ということでその日に会うことができました。
あまり遅くなりすぎるとまずいということで、さくっと軽い夕飯お酒を飲んで、ホテルへ直行。
こういったアプリを利用しているので、話がとても早くてスムーズでした。

よほどご無沙汰だったのか、騎乗位でびっくりするほど腰をくねらせてきました。

セクシーな喘ぎ声も相まって、あまりの興奮に、2時間で3回も果ててしまいました。
欲求不満の人妻との遊びは、とても気持ち良いので、またチャレンジしてみたいと思っています。

出会った人妻にナマをせがまれて

先日、初めて出会い系アプリなるものを利用してみて、美味しい体験ができたのでご報告します。

私は30歳独身で彼女なしの会社員です。

今回出会ったのは、奈々さんという35歳で専業主婦の女性です。

アプリ内でやり取りを始めて、約一週間経った頃に「会ってみましょうか」とダメ元で誘ってみると、まさかのOKのお返事。

早速、翌日会うことになりました。待ち合わせ場所に行ってみると、薄茶色いロングヘアーをクルクル巻いた、スタイルの良い美人が待っていました。

声を掛けるとその人が奈々さんで、事前にやり取りしていた通り、少し洒落た居酒屋に行くことにしました。

個室に通され、酒と食事を楽しみつつ、奈々さんとの会話を楽しみました。

お酒が進むと段々と身の上話になってきて、奈々さんは10歳離れたご主人と、20代半ばで結婚、しかし中々子宝に恵まれず、そのうちご主人ともギクシャクするようになり、夫婦生活も約3年ないこと、今回初めてアプリを利用してみて私とのやり取りに癒されたこと、ご主人以外の男性と食事することはこれが初めてであること。など語ってくれました。

そして私は思い切ってホテルに誘ってみると奈々さんは「今日はお泊りで良いよ」と顔を赤らめつつ言いました。

居酒屋を後にし、近所のホテルに向かいますが、道中ずっと手を繋いで歩きました。

ホテルに到着し、入室するや否や私は奈々さんの唇に吸い付きました。

奈々さんも嫌がることなく、それに応じて舌を絡めてきます。

何ともエロい舌遣いに、まだキスだけで私の息子もMAX状態になってしまいます。
そのまま流れ込んでしまおうかと考えていると、奈々さんが「先にシャワーを」というのでお互い別々にシャワーへ。

私がシャワーから出ると、先にシャワーしていた奈々さんがバスローブ姿でベットに座っていました。

隣に座り、再び奈々さんとの熱いキスをしながら、バスローブを脱がせていきます。

服の上からは分からなかった大きな乳房が現れ、しかも色も形も完璧な美巨乳を見た私は思わずシャブリついてしまいます。

「ダメ、あん、あーん」と奈々さんの甘い声も相まってまたも息子はMAXに。

そして奈々さんの下半身に手を伸ばし、秘部を触ると、もう大洪水状態でした。

大洪水の秘部を指で楽しむと、奈々さんの声も増します。

そして奈々さんの秘部に口を付けると奈々さんは「私にもさせて」と愚息を口に咥えてくれました。

キスで味わった舌遣いに、私は昇天寸前になってしまい、これはヤバイと、奈々さんに「そろそろいいかな?」と訪ねます。

すると奈々さんは「付けずにそのまま来て」とまさかのナマのリクエストが。

いよいよ奈々さんと一つになります。侵入すると、熱くなっているのが分かり、締まりも人妻とは思えないものでした。

初めは正常位で。何度も奈々さんはキスをせがんで来ます。

こんな美人とナマでしているという興奮とキスの嵐でまたも昇天寸前、マズイと思い体位を変えます。

バック、座位、騎乗位など体位を変えつつ、奈々さんの締まりの良いアソコはどんどん熱くなります。

もう我慢の限界と、再び正常位へ。奈々さんに「もう限界だから良いかな?」と聞くと「このまま中に頂戴」と奈々さんは言います。

「さすがに人妻に中出しはマズイのでは」と思いつつも、誘惑には勝てません。

お言葉に甘えて遠慮なく、奈々さんの熱い中に発射させてもらいました。

私にとっては今まで人生で一番気持ち良かったセックスでした。

奈々さんも満足だったようで、終わった後イチャイチャしていると二回戦へ。

結局その夜は5回も奈々さんの中に発射してしまいました。

そこからまたお会いしましょうという話になり、また来週お泊りする約束をしています。

中出しはヤバイと思いつつも、もう奈々さんのアソコから離れられそうにありません。

50歳を超えた人妻は淫乱な声で鳴きました

出会い系サイトで熟女や人妻と遊んでいますが、最近は新規が無くなったと感じていました。サイトで知り合った人妻とは数年は付き合うので、セフレが途絶えるというこは無いのですが、やはり常に新規の人妻は欲しいのです。そこで、条件を低くしてメールを送ることにしました。条件の低い獲物とは50代の熟女です。60に近い熟女にもメールを送りました。2週間ほどで、一人の熟女と会う約束をすることが出来ました。やはり、50代の敷居は低いのです。

現れた熟女は身なりこそしっかりとしているものの、お世辞にも美人とは言えません。
顔色もあまり良くはありません。体つきもやせ形で貧相です。賞味期限は切れているかもしれません。
これがデリヘルの女なら間違いなくチェンジです。しかし、外見が悪くてもセックスは良いかもしれません。

彼女とランチをしました。なんのてらいもなく一番高いランチを注文し、ランチビールまで頼んでいます。
酔った方が楽しいしょ、と言われればその通りです。彼女とは会話も弾まなかったので、そのままラブホへ誘いました。当然ですが出会い系サイトでは女性が圧倒的に優位です。男はお願いしてやらせてもらうというスタンスは変わりません。そういうところの男とばかり会っていると女は勘違いをします。自分は良い女で、男は私とやりたがっている、という感じです。この熟女もそうでした。初めてあったのにやらせてあげるんだから感謝してね、という雰囲気をずっと醸し出しているのす。一番は優しくしてね、丁寧に愛撫してねというものです。他人の奥様にぶち込めるのですから、多少は我慢は必要です。
ベッドで裸になった熟女の体はやはり貧相でした。

50歳を過ぎた女の体が貧相では、抱く気が失せるのですが、彼女は積極的にペニスをしごき、くわえてくれるのです。あっという間に勃起してしまいました。元気ね、なんて言われるとその気になります。熟女の体を愛撫しました。もっと強くして、そこよりもここが感じるの・・色々リクエストをされますが、そのリクエストに応えていると熟女は興奮するのか、いやらしい声を出します。体も電気を通したように震えたりします。この女とは若い頃に出会っていれば、相当に濃厚なセックスが出来たんじゃないかと思わせます。

充分に濡れたのを確認して挿入しました。挿入したとたん、あああーーとターザンとまでは言わないまでも雄たけびに近い声を上げます。ちょっとびっくりするくらいの声です。その後もピストンにあわせて、喘ぎ声というよりうめき声を出します。これはこれで充分に淫乱な感じです。

終わったとは口で綺麗に肉棒を掃除してくれました。

彼女が言うには色々な男が私の体を開発していったの、こんなに感じる体になるとは思ってもいなかったとのことです。それでセックスが好きになり、出会い系サイトに出入りしているのだそうです。それが若さの秘密とも言っていました。出会い系サイトは高齢者に生きがいを与えているのかもしれません。

50代を過ぎていても人妻ですし、感度も良好なのですが、私としてはこれ一回で満足です。
しかし、久しぶりに新規の人妻を堪能できたのは間違いがないのですが・・。